長野県で石工事業の許可業種を長野建設業許可サポートが解説します

建設業の許可は、29業種に区分されています。

これから建設業許可を取得して、「どんどん仕事を増やしていきたい」とお考えの方は、自分が施工している工事は何になるのか、今後、会社が大きくなっていったときにどんな手続きを必要とするのか、気になるところだと思います。誤って、自分が施工しない業種で建設業許可を取得してしまうと、仕事ができなくなる恐れがありますので、注意しましょう。ここでは、建設業許可の29業種について、分かりやすくご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

石工事業

石工事業は、建設業許可のうち、専門工事業種の1つになります。

石工事の内容は、「石材(石材に類似のコンクリートブロック及び擬石を含む。)の加工または積方により工作物を築造し、または工作物に石材を取り付ける工事」とされています。

例として、石積み(張り)工事、コンクリートブロック積み(張り)工事があげられます。

石積み工事:石を利用した工法のうち、急な勾配のものを石積み工事といいます。

石張り工事:石を利用した工法のうち、緩い勾配のものを石張り工事といいます。

コンクリートブロック積み工事:

コンクリートブロックを利用した工法のうち、急な勾配のものをコンクリートブロック積み工事といいます。

コンクリートブロック張り工事:

コンクリートブロックを利用した工法のうち、緩い勾配のものをコンクリートブロック張り工事といいます。

建設業許可の工事区分の考え方について

なお、建設工事の区分の考え方として、「とび・土工・コンクリート工事」における「コンクリートブロック据付け工事」並びに「石工事」及び「タイル・れんが・ブロツク工事」における「コンクリートブロック積み(張り)工事」の工事区分の考え方は以下のとおりとなっています。

①根固めブロック、消波ブロックの据付け等土木工事において規模の大きいコンクリートブロックの据付けを行う工事、プレキャストコンクリートの柱、梁等の部材の設置工事等が「とび・土工・コンクリート工事」における「コンクリートブロック据付け工事」となります。

②建築物の内外装として擬石等をはり付ける工事や法面処理、又は擁壁としてコンクリートブロックを積み、又ははり付ける工事等が「石工事」における「コンクリートブロック積み(張り)工事」となります。

③コンクリートブロックにより建築物を建設する工事等が「タイル・れんが・ブロック工事」における「コンクリートブロック積み(張り)工事」であり、エクステリア工事としてこれを行う場合を含みます。

長野建設業許可サポートでは、分類についてのご相談も無料で受け付けていますのでお気軽にご相談下さい。

 

この記事を書いた人


渡辺泰基 (ワタナベ ヤスモト)
行政書士として『長野建設業許可サポート』を運営。小布施町に渡辺行政書士事務所を開設して10年。迅速・丁寧なサポートにこだわり、北信地域を中心に活動している。豊富な実績でお客様からの信頼も厚い。