管工事業の建設業許可の例示建設業の許可は、29業種に区分されています。

これから建設業許可を取得して、「どんどん仕事を増やしていきたい」とお考えの方は、自分が施工している工事は何になるのか、今後、会社が大きくなっていったときに必要な業種がどれになるのか、気になるところだと思います。間違って、自分が施工しない業種で建設業許可を取得してしまうと、仕事ができなくなる恐れがあります。
ここでは、建設業許可の29業種について、分かりやすくご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

管工事業

管工事業は、建設業許可のうち、専門工事業種の1つになります。

管工事の内容は、「冷暖房、冷凍冷蔵、空気調和、給排水、衛生等のための設備を設置し、または金属製等の管を使用して水、油、ガス、水蒸気等を送配するための設備を設置する工事」とされています。

具体的な管工事業としては

○冷暖房設備工事
○冷凍冷蔵設備工事
○空気調和設備工事
○給排水・給湯設備工事
○厨房設備工事
○衛生設備工事
○浄化槽工事
○水洗便所設備工事
○ガス管配管工事
○ダクト工事
○管内更生工事

が挙げられます。

建設業許可の工事区分の考え方について

①「冷暖房設備工事」、「冷凍冷蔵設備工事」、「空気調和設備工事」には、冷媒の配管工事などフロン類の漏洩を防止する工事が含まれます。

②し尿処理施設に関する施設の建設工事における『管工事』、『水道施設工事』および『清掃施設工事』間の区分の考え方は、規模の大小を問わず浄化槽(合併処理槽を含む。)によりし尿を処理する施設の建設工事が『管工事』に該当し、公共団体が設置するもので下水道により収集された汚水を処理する施設の建設工事が『水道施設工事』に該当し、公共団体が設置するもので汲取方式により収集されたし尿を処理する施設の建設工事が『清掃施設工事』に該当します。

③『機械器具設置工事』には広くすべての機械器具類の設置に関する工事が含まれるため、機械器具の種類によっては『電気工事』、『管工事』、『電気通信工事』、『消防施設工事』等と重複するものもありますが、これらについては原則として『電気工事』等それぞれの専門の工事の方に区分するものとし、これらいずれにも該当しない機械器具あるいは複合的な機械器具の設置が『機械器具設置工事』に該当します。

④建築物の中に設置される通常の空調機器の設置工事は『管工事』に該当し、トンネル、地下道等の給排気用に設置される機械器具に関する工事は『機械器具設置工事』に該当します。

⑤上下水道に関する施設の建設工事における『土木一式工事』、『管工事』および『水道施設工事』間の区分の考え方は、公道下等の下水道の配管工事および下水処理場自体の敷地造成工事が『土木一式工事』であり、家屋その他の施設の敷地内の配管工事および上水道等の配水小管を設置する工事が『管工事』であり、上水道等の取水、浄水、配水等の施設および下水処理場内の処理設備を築造、設置する工事が『水道施設工事』です。
なお、農業用水道、かんがい用排水施設等の建設工事は『水道施設工事』ではなく『土木一式工事』に該当します。

⑥公害防止施設を単体で設置する工事については、『清掃施設工事』ではなく、それぞれの公害防止施設ごとに、例えば排水処理設備であれば『管工事』、集塵設備であれば『機械器具設置工事』等に区分されます。

長野建設業許可サポートでは、分類についてのご相談も無料で受け付けていますのでお気軽にご相談下さい。

 

この記事を書いた人


渡辺泰基 (ワタナベ ヤスモト)
行政書士として『長野建設業許可サポート』を運営。小布施町に渡辺行政書士事務所を開設して10年。迅速・丁寧なサポートにこだわり、北信地域を中心に活動している。豊富な実績でお客様からの信頼も厚い。