建設業を営む場合、必ず許可は必要ですか?
建設業を営もうとする者は、『軽微な建設工事』のみを請け負って営業する者を除いて、建設業許可を受ける必要があります。(法第3 条)
ここでいう『軽微な建設工事』とは、工事1件の請負代金の額(取引に係る消費税及び地方消費税の額を含む。以下同じ。)が建築一式工事にあっては1,500万円に満たない工事又は延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事をいい、建築一式工事以外の建設工事にあっては500万円に満たない工事とされています。(令第1 条の2 第1 項)
軽微な建設工事(500万円未満)は建設業許可がなくても請け負うことができるとされていますが、次のような工事も軽微な建設工事になりますか?

<例>建築一式工事以外の工事を、独立した工事ごとに契約し、個別には請負代金が500万円未満だが、合計すると500万円以上になる場合

工事の完成を二つ以上の契約に分割して請け負うときは、各契約の請負代金の合計額を工事の請負代金とすることになっています。
今回のケースは、個別の請負代金を合計すると500万円以上になるため、軽微な建設工事には該当せず、建設業許可が必要となります。(令第1 条の2 第2 項)
軽微な建設工事(500万円未満)は建設業許可がなくても請け負うことができるとされていますが、次のような工事も軽微な建設工事になりますか?

<例>元請工事の工期が長期間の場合、500万円未満の工事を請け負った後に、長期の間をおいて再度500万円未満の工事を請け負ったが、これらの工事の請負代金を合計すると500万円以上になる場合

上記の場合、各工事の請負代金の合計額を工事全体の請負代金とすることになっています。
このケースでは、請負代金が合計で500万円以上となることから軽微な建設工事には該当せず、建設業許可が必要となります。(令第1 条の2 第2 項)
軽微な建設工事(500万円未満)は建設業許可がなくても請け負うことができるとされていますが、次のような工事も軽微な建設工事になりますか?

<例>はつり工事(※1)、雑工事(※2)等で断続的な小口契約をしたが、合計すると500万円以上になる場合

二つ以上の契約に分割して請け負うときは、各契約の請負代金の合計額を工事の請負代金とすることになっています。
このケースでは、小口契約であったとしても、断続的な工事を行い、その合計額が500万円以上となっているため、軽微な建設工事には該当せず、建設業許可が必要となります。(令第1条の2第2項)
また、単価契約等による工事を行った場合、総額 (単価×数量)が500万円以上になる場合は、軽微な建設工事には該当しませんのでご注意ください。

※1はつり工事・・主に建設現場で、コンクリートで作られた壁や土間などの構造物を壊したり、形を整えるために表面を削ったりすること
※2雑工事・・見積書のどの項目にも区分しにくい工事のこと。業者によって見積書の作り方は多種多様なため、具体的な定義があるわけではありません。