長野県で建設業許可を取得するとき

前回のお話しで簡単に触れたように、建設業許可には29の業種があり、行う工事内容によって、細かく区別されています。

そして、29の業種を大別すると、「専門工事」の27業種と「一式工事」の2業種とに分けられており、それぞれまったく別の許可業種と考えられています。

また、建設業はその専門的な工事の内容が細かく分類されています。まずは、許可取得の前に、業種の内容について詳しくみていきましょう。

専門工事と一式工事の違いは?

「専門工事」とは、文字通り、専門分野の工事をする旨の許可を受けることです。
たとえば、『大工工事』という「専門工事」の建設業許可を取得したならば、大工工事、型枠工事、造作工事を専門に行うことができます。反対に『大工工事』以外、たとえば、内装仕上工事業など他の業種の工事を行うことはできません。

一方、「一式工事」とは、大規模な工事または施工内容が複雑な工事を、総合的にマネジメントする業者向けの許可となり、総合的な企画・指導・調整のもと、土木工事や建築工事を行うものをいいます。
たとえば、『建築一式工事』の建設業許可を取得したならば、一棟の住宅建設など一式工事として請け負うことができますが、他の「専門工事」を単独でおこなう場合は、その専門工事の業種の許可を取らなければなりません。『建築一式工事』の許可を取得していても、内装工事のみを手掛ける場合は「内装仕上工事業」の許可も取らなければならないのです。
ただし、本体工事に附帯する工事については、併せて請け負うことができる場合もあります。

次回からは、「専門工事」と「一式工事」の詳しい内容については、ご紹介していきます。

 

この記事を書いた人


渡辺泰基 (ワタナベ ヤスモト)
行政書士として『長野建設業許可サポート』を運営。小布施町に渡辺行政書士事務所を開設して10年。迅速・丁寧なサポートにこだわり、北信地域を中心に活動している。豊富な実績でお客様からの信頼も厚い。