長野で建設業許可を取得したいなら
建設業許可は、定められた要件をクリアし、必要な書類を用意すれば、誰でも取得することができます。ただし、要件が細かく定められているため、それを満たしているかを適正に判断することは簡単ではありません。

また、建設業許可の申請手続きのためには、申請書や添付書類など、必要となる書類も多く、それらの作成、資料の収集に多くの時間が費やされます。

当サイトでは、今後、独立や開業を目指し、「建設業許可を取得したい!」と考えている方へ、建設業許可取得のためのポイントをご紹介します。

建設業許可の種類は?

建設業とは、元請・下請を問わず、建設工事の完成を請負うことをいいます。例えば、家を建てるとき、工務店、水道設備工事、屋根工事・・など、さまざまな業者が工事に携わります。
これら、それぞれ工事の内容に応じて建設業許可の業種が定めされており、その数は29業種にものぼります。

さらに、営業所の状況により、国土交通大臣による許可と都道府県知事による許可とに区分されるほか、請負金額によっても、一般建設業許可と特定建設業許可に分けられます。

取得したい建設業許可の種類は?

建設業許可は以上のとおり、29業種の許可が区分されます。それぞれの業種により、必要な要件や必要となる添付書類が異なりますので、まずは取得したい建設業許可の種類をはっきりさせましょう。

許可の29業種は次のものになります。

一式工事

土木一式工事業、建築一式工事業

専門工事

大工工事業、左官工事業、とび・土工工事業、石工事業、屋根工事業、電気工事業、管工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、鉄筋工事業、舗装工事業、しゅんせつ工事業、板金工事業 、ガラス工事業、塗装工事業、防水工事業、内装仕上工事業、機械器具設置工事業、熱絶縁工事業 、電気通信工事業、造園工事業、さく井工事業、建具工事業、水道施設工事業、消防施設工事業、清掃施設工事業、解体工事業

大臣の許可か、知事の許可か?

建設業許可は、「営業所」の所在地によって必要となる許可の種類が異なります。

2以上の都道府県に営業所を設けて営業しようとする場合:大臣の許可

たとえば、営業所が複数あり、かつ、その営業所の所在地が長野県と新潟県など、2つ以上の都道府県にまたがる場合は、大臣の許可が必要となります。

の都道府県にのみ営業所を設けて営業しようとする場合:知事の許可

たとえば、営業所が1カ所のみ、もしくは複数の営業所があったとしても、全ての営業所の所在地が長野県のみに所在する場合は、長野県知事の許可が必要となります。

※ここでいう「営業所」とは、本店、支店、常時建設工事の請負契約を締結する事務所をいい、登記上の本店や支店、事務所、作業所があったとしても、下記の要件を満たさない場合は、営業所には含まれません。

・請負契約の見積り、入札、契約締結などの実態的な業務を行っていること
・電話、机、各種事務台帳を備え、居住部分とは明確に区分された事務室があること
・見積り、入札、契約締結などの業務に関する権限を持つ者が常勤していること
・専任技術者が常勤していること

一般建設業許可か、特定建設業許可か?

自分が請負った工事(元請工事)を下請けに出すとき、その下請契約の金額によっても必要となる許可の種類が異なります。

○元請工事を下請けに出す場合、その下請契約の金額が3,000万円未満(建築一式工事の場合は、4,500万円未満)の場合:一般建設業許可

○元請工事を下請けに出す場合、その下請契約の金額が3,000万円以上(建築一式工事の場合は、4,500万円以上)の場合:特定建設業許可

あくまでも、元請工事を下請けに出すときの話になりますので、そもそも下請けに出さない場合や、下請けで請けた工事をさらに下請け(孫請け)に出す場合などは、関係ありません

まとめ(建設業許可の種類)

以上のように、建設業許可は、建設業の業種、営業所の所在地、下請けに出す場合は、下請け工事の金額の違いにより、次のように区分できます。

建設業の業種(29業種)のいずれか

以下(a)~(d)のいずれか

(a)知事許可の一般建設業許可
(b)知事許可の特定建設業許可
(c)大臣許可の一般建設業許可
(d)大臣許可の特定建設業許可

建設業許可は、このような組み合わせで取得するのが一般的です。

たとえば、土木一式工事を行う会社で、長野県と新潟県に営業所があり、自ら工事を行ったり、下請業者に仕事を出したとしても3,000万円未満の工事であれば、土木工事一式で大臣許可の一般建設業許可が必要となります。
また、大工工事を行う会社で、長野県だけに営業所があり、下請業者に3,000万円以上の工事を出すのであれば、大工工事業で知事許可の特定建設業許可が必要となります。

 

この記事を書いた人


渡辺泰基 (ワタナベ ヤスモト)
行政書士として『長野建設業許可サポート』を運営。小布施町に渡辺行政書士事務所を開設して10年。迅速・丁寧なサポートにこだわり、北信地域を中心に活動している。豊富な実績でお客様からの信頼も厚い。