長野で左官工事業の建設業許可を行政書士が紹介します

建設業の許可は、29業種に区分されています。

これから建設業許可を取得して、「どんどん仕事を増やしていきたい」とお考えの方は、自分が施工している工事は何になるのか、今後、会社が大きくなっていったときにどんな手続きを必要とするのか、気になるところだと思います。誤って、自分が施工しない業種で建設業許可を取得してしまうと、仕事ができなくなる恐れがありますので、注意しましょう。ここでは、建設業許可の29業種について、分かりやすくご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

左官工事業

左官工事業は、建設業許可のうち、専門工事業種の1つになります。

左官工事の内容は、「工作物に壁土、モルタル、プラスター、漆喰、繊維などをこて塗りしたり、吹き付けたり、張り付ける工事」とされています。例として、左官工事、モルタル工事やモルタル防水工事、吹付け工事、とぎ出し工事、洗い出し工事があげられます。

モルタル工事:セメント、水、砂を混ぜて練り合わせたセメントモルタルを用いて施工する工事です。

モルタル防水工事:セメントモルタルに防水剤を混合したモルタルを防水モルタルといいい、この防水モルタルを用いて施工をする防水工事です。従来、建設業の許可業種区分において「防水モルタル工事」といわれてきましたが、昭和61年「許可業種区分」の見直しの中で、「モルタル防水工事」に改定されました。

吹付け工事:建築物に対してモルタル等を吹き付ける工事をいいます。

とぎ出し工事:

擬石などの表面を研磨して仕上げること、もしくはその仕上げする工事です。

洗い出し工事:

洗い出しとは人造石塗りの壁や床などの仕上げ工事の一種で、セメントモルタルに色石など大きめの骨材を入れて塗りつけ、完全硬化する前に噴霧器やブラシでその表面を水洗いして、小石を表面に浮き出させる工事のことです。

建設業許可の業種区分の考え方

①防水モルタルを用いた防水工事は左官工事業、防水工事業どちらの業種の許可でも施工可能です。

②ラス張り工事および乾式壁工事については、通常、左官工事を行う際の準備作業として含まれているものされています。

 

以上、今回は左官工事業について説明いたしました。

長野建設業許可サポートでは、建設業許可の分類についてのご相談も無料で受け付けていますのでお気軽にご相談下さい。

 

この記事を書いた人


渡辺泰基 (ワタナベ ヤスモト)
行政書士として『長野建設業許可サポート』を運営。小布施町に渡辺行政書士事務所を開設して10年。迅速・丁寧なサポートにこだわり、北信地域を中心に活動している。豊富な実績でお客様からの信頼も厚い。