長野建設業許可申請サポートは建設業許可の申請を専門とする行政書士事務所です。
一人親方から上場企業まで多くの建設業許可の相談に応じ、お悩みを解決してまいりました。

以下、http://www.n-construction.com/ コピペ

建設業許可は、誰にでも簡単に取得できるものではありません。
要件となっている経験や技術的な裏付け、財産的基礎など、クリアしなければならない条件が細かく規定されている上、それらを証明するための書類が膨大なものになることも多いです。
ご自身で手続きをしようと考えて、あまりに煩雑な手続きに疲れて結局諦めてしまうケースや、正しい知識を持たずに「自分には取れないんだ」と思い込んでしまっているというお話も、よく耳にします。

まずは、ご自身が許可を受けられるのかどうか、正しい知識を持つことが第1歩です。また、現在は許可を受けられない場合であっても、何が必要か知ることで、近い将来に要件を満たすことも可能です。

下記のうち1つでも当てはまることがあれば、是非一度ご相談ください。

長野建設業許可申請サポートが解決します!

建設業許可が取れるか知りたい
許可がないから、500万円以上の工事を取れなくて売上が上がらない
許可が必要だとは思うけど、何から手をつけていいのか分からない
今すぐは無理でも、取れるように社内を整備したい
手間なく、早く、安く許可を取りたい
会社設立、資金調達の相談もしたい
他の行政書士に断れたが何とかして許可が欲しい
公共工事を請けたいが、どういう手続きが必要なのか分からない

長野建設業許可申請サポートが選ばれる理由

実機多数!一人親方から上場企業まで対応

長野建設業許可申請サポートはこれまでに○○件以上の建設業許可についての申請を代行しております。
他の事務所や役所で「許可は取れない」と言われた方も、当事務所にご相談いただくことで、無事許可をした案件もございます。
常に最新の情報を得ており、蓄積されたノウハウも豊富です。
ぜひ許可専門事務所のメリットをご覧下さい。

詳しく読んでみる

 

長野県独自の規定に精通

建設業許可は許可を出す行政庁によって申請方法が違う場合があります。
全国には業界最安値の金額を提示している行政書士事務所もございますが、長野県では長野県独自の規定があり、また地域によっても独自ルールが存在します。他の都道府県でしか申請経験がない行政書士では戸惑ってしまうかもしれません。当サポートでは長野県での建設業許可代行を専門で行っておりますので、独自の規定に精通しております。
安心してお任せください。

幅広いご要望に対応可能

弊所では建設業許可だけでなく経営事項審査、入札参加資格審査などの関連手続き、産業廃棄物許可、運送業許可、古物商許可、法人設立に関する手続きにも対応しています。事業でお困りことがありましたら何でもご相談ください。
今までのノウハウを生かして許可に関連するプラスアルファの提案をさせていただきます。事業でお困りことがありましたら何でもご相談ください。

長野県内無料出張面談

相談したいけど、結局許可が取れなければ相談料がもったいない。そんなリスクをなくすために、当事務所では無料出張面談を実施しています。

お電話でももちろ結構ですが、実際に書類を見ながら詳しいお話を聞かせていただければ、その場で許可取得出来るかどうか、必要書類は何かなどにお答えすることができます。もちろん、気に入らなければご相談後にご依頼をいただく義務はありませんので、「取りあえず聞いてみる」で結構です。

当事務所の無料出張相談をぜひご利用下さい。

建設業許可を取得するまでの流れ

以下、https://kensetsu.go-al.co.jp/をコピペ

STEP1お電話、メールにてご相談ください

許可の取得でお困りの方は、まずはお電話かメールで当事務所へご連絡下さい。
許可要件などのヒアリングをいたします。

STEP3 必要な書類の収集や申請書の作成

当事務所にて申請に必要な書類の収集や申請書を作成します。お客様には実務経験の証明が必要な場合などは注文書や通帳など、ご案内する証明書類をご準備いただきます。

STEP5 行政庁への申請

県庁など申請の窓口へ行政書士が申請を代行します。

STEP2 実際の打ち合わせ

許可の申請に向けて直接の打ち合わせをいたします。
許可要件の確認やご準備いただく書類もご案内します。

STEP4 申請書への押印

添付書類の収集が完了して許可の申請書ができあがったら、申請書をご確認の上、書類に会社実印で押印をいただきます。

STEP6 許可証の受領

行政庁による一定の審査期間の後、許可証が発行されます。

建設業許可業者としての営業がスタートです。

お客様の声

以下、https://kensetsu.go-al.co.jp/をコピペ

 

こんなお困りごとも一緒にご相談ください

以下、https://kensetsu.go-al.co.jp/をコピペ

 

経営事項審査+建設業許可

経営事項審査とは、公共工事の入札に参加するために受けなくてはいけない審査です。この審査によって公共工事に参加するための点数やランクが決まり、参加資格を得ることができます。当事務所では経営事項審査を受けるだけでなく、点数やランクアップについてもアドバイスを行っております。お気軽にご相談下さい。

補助金・助成金+建設業許可

返済不要で建設業の皆さまが利用できる補助金や助成金についても、提案させていただいております。 GOALグループの社会保険労務士が対応しますので、一気通貫でお手伝いさせていただきます。

会社設立+建設業許可

個人で許可を取ってすぐ法人化すると、許可が取り直しになってしまいます。そのため、法人化をご検討中の場合は、許可の前提として進めるのがベストのタイミングです。建設業を専門にしてきたからこそ、建設業に適した会社設立が可能です。

社会保険手続き+建設業許可

先日、社会保険未加入対策として、社会保険に加入していない業者については建設業許可を認めないという法案が可決されました。 GOALグループには社会保険労務士もおります。社会保険のお手続きから労務管理まで、人事に関わるご相談もお任せください。

産廃・古物商の各種許認可+建設業許可

当事務所では建設業許可だけではなく、産業廃棄物収集運搬業許可や宅地建物取引業免許など様々な分野においてスペシャリストがご案内 しております。建設業許可以外の許認可のことも当事務所にお任せ下さい。

よくあるご質問

以下、https://kensetsu.go-al.co.jp/をコピペ
相談してから依頼するか決めてもいいですか?
もちろんご相談頂いた後で決めて下さって構いません。お電話・メールにて、お気軽にご相談下さい。

許可の要件がよくわからずに相談しても大丈夫ですか?
建設業許可要件は分かりにくい部分もあるかと思います。お客さまの分かりにくい部分は丁寧にご説明しますので、ご安心ください。

建設業許可を取るまでに、総額いくらくらい必要ですか?
証明資料の必要年数や、知事許可・大臣許可によって異なります。また、報酬額の他に許可申請の際、行政庁に支払わなければならない法定手数料があります。ご依頼の際は予め総額をご案内しますが、お電話・メールにてその旨ご連絡いただければ相談前のお見積も可能です。

お願いしてから許可が取れるまで、どのくらいの日数がかかりますか?
申請をしてから、許可が下りるまで約30日~45日かかります。行政庁の審査期間は意外と日数がかかりますので、お急ぎの建設業者様はお早めにご相談下さい。

建設業許可の無料相談

※お名前、メールアドレス、メッセージ本文は必須項目*です。

 

お名前 (必須)*

メールアドレス (必須)* ※半角英数字で正確に入力してください

郵便番号 ※半角数字で(ハイフン - )を除いて入力してください

ご住所

お電話番号 ※半角数字で入力してください

メッセージ本文(必須)* ※ご相談内容を簡単にご記入ください

 

※確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

 

 

行政書士法人GOAL 銀座
東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル402
銀座一丁目駅 徒歩3分 銀座駅 徒歩6分
TEL:03-5948-7116
時間:平日9:00〜19:00
※事前予約にて夜間や週末相談も承ります。

代表・行政書士 石下貴大
栃木県塩谷郡塩谷町出身 産廃や建設業などの許認可を主に担当しています。事業者の皆さまが本業に専念していただけるよう、面倒な手続きだけでなく、そして許可の取得のあとにも、相談しやすい専門家を目指しています。日本を支える建設業者様を、事務所一同全力でお手伝いさせていただきます!!

好きなもの:懇親会、2歳の息子と遊ぶこと、寺社仏閣巡り。